職員機能

シフト作成

ボタン1つでシフトを自動作成

シフト振分けのルールを設定しておくと、 ルールに従って自動でシフト表を生成できます。 例えば、『朝番は2人で、乳児と幼児の担任を1人ずつ』といった設定が可能です。

人員配置も簡単確認

「誰が何回どのシフトに入ったか」や「○日の△時からは何人の職員が配置されているか」等の 様々な観点で集計ができるので、人員の過不足やシフトの偏りの確認ができ、簡単に修正もできます。

勤怠管理

職員の勤務状況が一目でわかる

画面上に全職員のその日のシフトが表示され、 出勤中・退勤済み・お休みといった状態ごとに色がつくので、 勤怠状況を一目で把握できます。
誰が出勤しているか・何時に来るかが分かるので、 ヘルプや引継ぎがスムーズです。

職員間の情報共有もバッチリ

出勤ボタンを押すと、連絡事項が表示されます。 自分宛てのメッセージや、ヒヤリハットの情報等を確認・共有してから保育に入ることができます。
どの職員が、いつ確認したか見れるため、職員の伝達漏れ防止に役立ちます。

勤務表

チェック機能で、欠けている情報が一目瞭然!

シフト、出退勤時間、各種申請(有給休暇・時間外勤務等)の情報をもとに、勤務表が自動で作成されます。 シフト表、タイムカード、休暇簿、時間外命令簿などを見比べる必要はありません。
また、退勤時間の記録忘れや未承認の申請など、内容にエラーがある場合は赤く表示されて原因も表示されるので、一目で確認できます。

休暇管理

休暇の付与・利用に応じた残休数がすぐ分かり、監査も安心

管理者は、有給・特別・看護といった休暇を、職員ごとに付与できます。 それにより、職員が休暇申請をあげる時には、残休数を確認しながら申請をあげることが可能です。 もちろん、半日休や時間単位の有給申請にも対応しております。
また、監査用に通年の休暇申請記録を閲覧・出力できるため、休暇簿を記録する必要がなくなります。

情報共有

職員間や保護者への伝達漏れを防止

園児のケガや体調の変化など、園児ごとの状態の変化を伝達事項として記録できます。
記録しておくことで、職員間の引継ぎがスムーズになり、 遅番出勤の職員や担任以外の職員でも状況が把握できます。
また、いつでも・誰でも情報を見ることができるので、正しい情報を漏れなく保護者に伝達することが可能です。

園児管理 / 保育業務

コミュニケーション支援 /WEBサイト