保育園の卒園式で魅力的な写真を撮影するコツを紹介!効率化の方法も解説

保育園における卒園式の撮影では、かけがえのない一瞬を魅力的な写真で残しておきたいものです。「どのようなポーズやカメラアングルがよいのだろう」と悩む先生や園長も多いでしょう。
そこで、卒園式の写真撮影でお困りの方向けに、魅力的な写真を撮影するコツやあると嬉しい撮影機材、効率化の方法を紹介します。また、保護者への写真販売を効率化する「写真販売サービス」の簡単な解説もしています。写真販売サービスの利用検討にもぜひお役立てください。

園の写真担当者さん必見!
写真で失敗しないチェックリストを見てみる

保育園における卒園式の撮影で押さえるべき5つのコツ

保育園における卒園式の撮影は、少しの工夫で魅力的な写真に変わります。以下に、すぐに試せる撮影のポイントを5つご紹介します。

  • 望遠レンズで遠くから撮影する
  • 看板を隠さないようにする
  • 低い位置からカメラを構える
  • 振り返りのポーズで撮影する
  • 事前に進行と撮影タイミングを検討して練習しておく

いずれもプロのカメラマンでなくても取り組みやすい内容ばかりです。それぞれの詳しい内容をみていきましょう。

1.望遠レンズで遠くから撮影する

望遠レンズとは、遠くにあるものを大きく撮影することができるレンズです。望遠レンズを使用すると、カメラを意識していない自然な表情が撮影できます。
また、望遠レンズを使用した写真は遠くのものを引き寄せたり、物が重なったように見せたりといった効果を持ちます。よって、背景をぼかして子どもの姿が際立って見える写真の撮影が可能です。
ただし望遠レンズにはブレやすいという特徴もあるため、卒園式当日までに練習しておくことをおすすめします。

2.看板や横断幕などを隠さないようにする

卒園式では、園の入口やホールに「第〇回 ~~保育園卒園式」など記念となる看板や横断幕を掲げます。写真撮影にあたっては、ぜひとも子どもたちと一緒に納めたいものです。
先生方がホールの横断幕を撮影する際には、横断幕の文字が隠れないように注意しなければなりません。
一見当たり前のようにも思えますが、子どもたちの晴れ姿を注視するあまり頭や手足などで文字が隠れてしまう場合があります。
せっかくの記念となる写真ですので、文字が隠れないようアングルや立ち位置を変えながら撮影してみてください。

3.低い位置からカメラを構える

高い位置にある看板や空、桜の花などを背景に入れる場合は、低い位置からカメラを構えてみてください。普段の大人の目線よりも低くすることで、子ども目線の世界観を表現できます。
しゃがんで撮影したり、カメラの液晶画面を確認したりしながら位置を調整することで、写真の質が大きく変わります。ぜひ試してみてください。

4.振り返りのポーズで撮影する

動きのある写真を撮影するには「振り返りのポーズ」がおすすめです。数あるポーズの中でも、簡単かつ効果の高い撮り方の1つといえるでしょう。
子どもが歩く後ろ姿は、たとえ顔が写っていなくてもかわいさが伝わる写真となります。しかし、声をかけて振り返ったタイミングで撮影すれば、おめかしした後ろ姿と自然な笑顔を写真に納められたり、カメラを向けると固まってしまう子も自然な写真を残せたりなど、さらにその魅力を引き出すことが可能です。

5.事前に進行と撮影タイミングを検討して練習しておく

卒園式では入退場や卒園証書の授与など、必ず撮影しておきたいタイミングがいくつかあります。これらのタイミングを逃さないためにも、事前に進行担当と撮影タイミングを打ち合わせて練習しておくことをおすすめします。
卒園式当日は、多くの保護者が来園するため、会場は混雑しがちです。そのため、先生にて撮影する場所をあらかじめ確保しておき、式の進行にあわせてどのように撮影するかを園内で共有しておきしょう。

保育園の卒園式の撮影であると嬉しい3つの撮影機材

卒園式の写真の質を高めるためには、機材選びも重要です。卒園式当日にあると嬉しい撮影機材に次の3つが挙げられます。

  • ズームレンズ
  • ワイヤレスリモコン
  • 予備のバッテリーやSDカード

以下では、各機材の効果をご紹介します。

1.ズームレンズ

ズームレンズとは、写る範囲の拡大や縮小をしたり、被写体に対する寄りや引きを調整したりできるレンズのことです。
卒園式では集合写真など、大人数が入る写真を撮影する可能性があります。このような場合、標準レンズでは人や背景が見切れてしまうケースも少なくありません。
ズームレンズの1つである広角レンズを使用すれば、人や背景が見切れることを防ぐだけでなく、狭い室内などを広く見せる効果も得られます。

2.ワイヤレスリモコン

ワイヤレスリモコンを利用するとカメラから離れた位置でシャッターを操作できるため、先生方も含めた集合写真を撮影したいときにおすすめです。
ワイヤレスリモコンにはさまざまな種類があり、スマホで操作するならWiFiやBluetooth接続、手動なら電波式といったように用途に合わせて使い分けてみてください。
最近のカメラはスマートフォンと連動させることで、離れた位置に設置したカメラをスマートフォンで操作し、画面を確認しながら撮影できる機能が付いている機種もあります。子どもたちがカメラを意識せず、より自然な状態で撮影できるのでおすすめです。

3.予備のバッテリーやSDカード

保育園の卒園式では、ついシャッターを切りすぎてしまったり、ズームを繰り返したりしてバッテリーを大きく消費するケースも少なくありません。その結果、バッテリーやSDカードの容量が式の途中で無くなってしまう場合があります。
バッテリーやSDカードの予備をそれぞれ事前に用意しておくことで、安心して卒園式撮影に臨めるでしょう。

写真撮影・販売を効率化する3つの方法

卒園式の撮影・写真販売は保育園にとっては大きな労力を要するため、できるだけ効率化しておきたいものです。具体的な効率化の方法として、次の3つが挙げられます。

  • プロのカメラマンに依頼
  • 企業に所属しないフリーランスカメラマンに依頼
  • 保育園向け写真販売システムを利用

いずれの方法も特徴があり、目的にあわせて使い分ける必要があります。それぞれ詳しい内容をみていきましょう。

1.プロのカメラマンに依頼

写真スタジオや事務所などの企業に所属するプロカメラマンに依頼することで、質の高い写真を手間なく撮影できます。特に、保育園における撮影の経験が豊富なカメラマンは、子どもたちの緊張をほぐすのも上手です。カメラの確かな技術だけでなく、場を和ませる方法も熟知しています。信頼できるカメラマンを頼ることで、先生方は式典の進行や保育に集中できるうえ、プロの撮影による高品質な写真を残すことができます。

ただし、プロに撮影を依頼するには当然費用がかかります。依頼先によってその費用もさまざまなため、事前の確認が必要です。また、卒園式のシーズンは撮影依頼が重なりやすいため、数か月前から依頼してカメラマンのスケジュールを押さえておくことをおすすめします。

2.企業に所属しないフリーランスカメラマンに依頼

企業に所属せずフリーランスカメラマンとして撮影活動をする個人に依頼するのも1つの方法です。フリーランスの中には「以前写真スタジオでカメラマンとして活躍していたママさん」や「趣味でフォトグラファーとして活動している方」など、さまざまな方がいます。

高いレベルの写真技術を持つフリーランスカメラマンに依頼することで、企業に所属するカメラマンに依頼するよりも安価に高品質な写真撮影が可能です。
ただし、趣味で活動している方の場合は経験が浅く、綿密な打ち合わせや交渉が必要になるなど手間がかかるケースもあります。また、保育園側と個人のフリーランスカメラマンとの間でトラブルが生じても、間に入ってくれる企業などが存在しないため、自力で解決しなければならない点に注意が必要です。

3.保育園向け写真販売システムを利用

撮影した写真の販売には、保育園向けの写真販売システムの利用がおすすめです。保育園向け写真販売システムとは、卒園式などのイベントや普段の子どもたちの様子を撮影した写真を、保護者がインターネットを通じて閲覧や購入まで行えるシステムを意味します。

これまでの写真販売は、卒園式などで撮影した写真は園内の特定の場所に掲示され、保護者が選んで購入するといった流れが一般的でした。この方法は展示準備や写真・金銭の管理などを先生方が行うため、大きな負担となります。

しかし、保育園向け写真販売システムを利用すれば、撮影した写真を専用サイトにアップロードするだけで、掲示・販売にかかる手間をすべて省略できるようになります。さらに、システムの導入費用や月額費用を無料としているシステム業者も多く、コストをかけることなく取り入れられる点も保育園側の大きなメリットとなるでしょう。

保育園の卒園式には写真販売サービスがおすすめ!

保育園における卒園式の撮影は「望遠レンズで遠くから撮影する」「低い位置からカメラを構える」といった少しの工夫で写真の印象を大きく変えられます。
また「予備のバッテリーやSDカード」、「ワイヤレスリモコン」を用意すれば、万一の事態に備えつつ品質の良い写真を撮影できるため、安心して当日を迎えられます。

しかし、卒園式の写真撮影が保育園にとって大きな労力を必要とする業務であることは事実です。当日の撮影やその後の販売に関する管理などは、現場の先生たちにとって大きな負担となります。

そこでおすすめするのが、保育園向け写真販売システムの利用です。写真販売システムを利用することで、写真販売にかかる作業負荷を大幅に軽減することができます。

保育園・幼稚園向け写真販売サービスならウェルキッズフォトをおすすめします。ウェルキッズフォトには、他社にはない強みがあります。

  • 園での作業は写真公開のみ、集金・現像・配送や保護者からのお問い合わせ対応はウェルキッズフォトにお任せください。
  • 初期費用なし、月額利用料もありません。
  • 写真の公開は最長1年で、その間の値上がりもありません。
  • 最短で当日から利用開始できます。利用準備にも時間がかかりません。

まずはウェルキッズフォトが
「3分でわかる」資料をダウンロード