保育園ICTシステムとは?IT・IoTとの違いや保育園での活用メリットをくわしく解説

保育園のICTシステムとは、インターネットを利用して業務の効率化を支援するシステムです。近年、様々な理由によりICTシステムを導入する園が増えています。
この記事では、総務省が導入をすすめている分野や、導入の目的・メリットについてくわしく解説します。
ぜひ導入の検討にお役立てください。

そもそもICTシステムとは

「ICT」とは「Information and Communication Technology」の略称で、「情報通信技術」という意味です。簡単に説明すると、インターネットの通信技術を活用して「人と人」「人とモノ」をつなぐコミュニケーションを中心にした情報技術のことです。

そして「ICTシステム」とは、インターネットを利用したコミュニケーションシステムツールのことで、身近な例としては、メールやチャット、SNSツールなどが挙げられます。

ITとの違い

「IT」とは「Information Technology」の略称で、「情報技術」という意味です。ITはパソコン・携帯電話などのハードウェア、インフラ基盤、アプリケーションソフトウェアなど、コンピューターとインターネット通信に関する技術全般のことを幅広く指します。

現在、ITとICTはほぼ同じ意味で利用されていますが、ICTのほうがよりコミュニケーションを重視しています。

IoTとの違い

「IoT」とは「Internet of Things」の略称で、「モノのインターネット」という意味です。従来インターネットに接続していなかったモノに通信機能を取り付けてインターネットと連携させる技術のことです。

身近な例としては、テレビや冷蔵庫、エアコンなどの家電製品をスマートフォンで操作したり、自動車にセンサーを取り付けて周囲の状況を自動判定し動作を制御したりと、IoTは幅広く活用されています。

ICTシステム導入の目的

ICTシステムを導入する目的について、以下で簡単に解説します。

業務の効率化がすすむ

ICTシステムを導入すると業務の合理化を進めることができ、生産性の向上にもつながります。
業務をアナログからデジタル化することによって、紙に手書きしていた大量の書類を一元管理できるようになり、データを職員間ですぐに共有することもできます。

また、手作業では大変な労力を使う複雑な計算や集計も、ICTシステムを使えば一瞬で計算・集計が出力されるので、作業時間が大幅に短縮されます。

確実に情報共有できる

紙での管理の場合、特定の情報を共有しようとすれば、過去から積み上げられた大量の書類の中から欲しい情報を探し出す必要があります。特に情報が複数のファイルに分かれていたり、きちんと整理されていなかったりすると、探すだけで大変な労力になります。

ICTシステムを使えば、登録したデータはシステム上に保管されるため、関連情報を整理しておけば、過去のデータの検索が簡単になります。
また、デジタル化されたデータであれば、情報を簡単に追加・編集ができるので、最新の情報をすぐに共有でき、情報の蓄積にもつながります。

場所や時間にこだわらず作業できる

ICTシステムを利用すれば、現場から離れた場所でも作業できるので、柔軟な対応が可能になります。

例えば、職員の勤務情報や園児の登降園情報などをICTシステムで管理することで、園から離れた場所でも園長先生が最新の状況を確認できるようになります。
オンライン会議システムを利用すれば、参加者は一箇所に集まる必要がなく、それぞれ離れた場所にいても顔を合わせて情報共有することができます。また、教材や資料の冊子など、紙であれば膨大な枚数になるようなものでも電子化すれば、手元のタブレットなどで好きな時間に閲覧できるようになります。

通常の忙しい時間帯を避けてスキマ時間で作業をするなど、時間を効率的に使うことも可能になります。

総務省がICTシステム化をすすめている分野

総務省も各分野でのICTシステム化を積極的に進めています。以下では、主な分野について紹介します。

参考:総務省|ICT利活用の促進
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/index.html

医療・健康・介護

社会保障費の増大や生産年齢人口の減少等の課題を解決するために、ICTシステムの利用を推進しています。

医療・健康・介護分野の情報を持つ各医療施設間でのシームレスな情報共有や遠隔医療など、情報通信ネットワークやクラウド技術を利用して医療の質向上・業務効率化を図ろうとしています。

また、保育分野のICT化については、経済産業省・内閣府・総務省・文部科学省・厚生労働省の5府省が協力して「保育現場のICT化・自治体手続等標準化検討会」を開催しており、保育現場にICTシステム化の働きかけを積極的に行っていく考えです。

地域活性化

政府は「一億総活躍社会」や「地方創生」の政策実現のため、時間と場所にこだわらず柔軟な働き方ができるテレワークの普及を目指しています。

テレワークにより、地域にとっては労働人口の確保や多様な人材の活躍、地域活性化などが期待されます。また、企業にとっては生産性の向上、人材の確保、非常時の事業継続性の確保、就業者にとっては通勤時間の削減やワークライフバランスにつながります。

教育・人材

教育分野では、政府はクラウド等を活用した教育ICTシステムの環境構築や若年層のプログラミング教育の推進に取り組んでいます。

文部科学省の「学びのイノベーション事業」や総務省の「フューチャースクール推進事業」では、1人1台のタブレットPC、電子黒板、無線LAN等を整備した教育現場でICTを活用した学習に関する実証研究を行っています。

サイバーセキュリティ

近年、情報通信技術を利用した悪意あるサイバー攻撃が巧妙化し、官公庁や企業等をターゲットにした機密情報の窃取等が頻繁に起きています。

サイバーセキュリティ分野では、実践的な対処能力を持つサイバーセキュリティ人材の育成や、セキュリティ対策がされているシステム導入の推進、セキュリティの高いネットワーク環境の実現等に向けて取り組んでいます。

防災(G空間、Lアラート、Wi-Fi)

防災分野についても、位置情報と位置情報に紐付けされる情報(G空間情報)を活用した防災情報の高度化や、Lアラート(災害情報共有システム)を利用した迅速で詳細な情報配信、
防災拠点での無料Wi-Fi環境の整備支援などの普及・推進を目指しています。

IoT・データ活用

政府は多様な分野でのIoT導入による生産性・利便性の向上の実現に向けて、様々な施策を行っています。

IoTサービスモデルを構築し、ルール整備に向けて取り組む「IoTサービス創出支援事業」や、地域におけるIoT実装に取り組む「地域IoT実装推進事業」等の各事業の推進やIoT機器・システムを実証するための試験用プラットフォームの整備を進めています。また、オープンデータの活用推進にも取り組んでいます。

保育園をICTシステム化するメリット

保育園でICTシステムを導入する施設が増えてきています。以下では保育園をICTシステム化した際のメリットについて解説します。

保育士のメリット

ICTシステム化すると、保育士にとって大きなメリットになります。

連絡帳やおたよりなどの書き物は、手で書く場合、書き間違いで修正するときが大変です。ICTシステムを利用してスマホ・タブレットで文字入力すれば、簡単に修正できるため、負担軽減につながります。

また、ICTシステムを利用すれば、園児の基本情報やアレルギー情報、その日の出欠や体調などの情報も保育士同士で簡単に共有することができ、連携を取りやすくなります。

保護者のメリット

ICTシステム化すると、保護者はスマホアプリで各種情報を受け取ることができるので、災害時や不審者情報などの連絡をリアルタイムに共有でき、保護者の安心につながります。

また、園をお休みした時も園からの連絡事項を確認できたり、園へ連絡事項を伝えられたり、コミュニケーションがスムーズになります。欠席や遅刻、保育予約などの連絡もシステム上でできるので、電話が不要になり、園が開いていない夜や電話が混雑する朝でも簡単に連絡することができます。

園の運営側のメリット

もちろん、園の運営側にもICTシステム化のメリットがあります。
ICTシステムの導入で保育士の負荷を軽減することで労働環境を改善でき、人材の流出を防ぐことにつながります。

また、保育士の労務管理や、振り分けの検討に時間がかかるシフト調整などが簡単になるので、管理者の作業負担の軽減になります。
複雑な条件や計算が必要になる保育料計算も自動でできたり、請求書が簡単に出力できたりと、園の事務作業がスムーズになります。

保育園にICTシステム導入で効率化を

近年、政府は保育を含めた各分野の課題解決にICTシステムの導入を推進しており、各種の補助金制度も整備されています。

ICTシステムは、園の運営側、保育士、保護者の三者それぞれにメリットがあり、複雑な計算処理や手作業の負担軽減、円滑なコミュニケーション等をサポートしてくれます。園の経営や保育に関する事務作業の効率化・負荷軽減のため、導入する保育園も増えてきています。

園の事務作業が煩雑で先生の負荷になっているなどの課題を感じている場合、解決方法のひとつとして、ICTシステムの導入をぜひ検討してみてください。

保育ICTシステム「WEL-KIDS」は、園児の管理、職員の勤怠管理、保護者との連絡、保育料計算、書類作成など、園の事務作業を総合的にサポートするシステムです。
園の運営者・保育士・保護者の負荷を軽減し、お互いの連携をスムーズにします。
→ WEL-KIDSのお問い合わせはコチラ