ICT化でスムーズなシフト作成を

シフトは、質の高い保育をするためや職員の働きやすさのために念入りに作成する必要がありますが、それ故に作成に膨大な時間がかかっていないでしょうか?

そんなシフト作成を、ICTシステムで行うとどのようなメリットがあるのかご紹介します。

シフト作成のここが大変

保育園のシフト作成は、他の職種に比べて複雑と言われています。

職員ごとに偏りがないように組むのはもちろんのこと、配置基準を満たしたシフトを作成しなければなりません。

さらに、円滑な園運営や職員の負担を考え、以下のような独自のルールを設けている園も多く見られます。

  • 早番は乳児と幼児の担任から1人ずつ配置する
  • 同じ組の担任が2人とも同じ当番にならないようにする
  • 「遅番」の次の日を「早番」にならないようにする

このように、シフトを組むうえで考慮すべき点がたくさんあるので、すべての条件を満たせるようにバランス良く組むことに、毎月長い時間がかかっていないでしょうか?

シフト作成をICT化することで、作成時間を大幅に短縮できます。

ICT化でシフト作成をスムーズに!

システムでのシフト作成により、園のルールを満たしたシフトがスムーズに作成できます。

各当番の1日に必要な人数やパート職員の固定シフト等のルールを設定しておくことで、それに従って自動振分ができます。

また、職員の希望のシフトがある日や、休み希望がある場合はそれを考慮した振分もでき、各職員の希望を叶えたシフトが実現できます。

最後に振り分け結果を確認して、必要なところだけ手直しをすれば簡単に作成完了です。

「誰が何回どのシフトに入ったか」や「○日の△時からは何人の職員が配置されているか」等、様々な観点での集計ができます。

それを見て、人員の過不足やシフトの偏りの確認ができるので、修正すべきところもすぐにわかります。

作成自体にかかる時間だけでなく、集計機能によってバランスの確認がしやすくなるので、毎月のシフト作成時間が短縮されるでしょう。

シフトのICT化を検討してみませんか?

従来、理想的なシフトを組むためには長い時間がかかる場合が多くありましたが、ICTシステムでシフト作成すると大幅な時間短縮が期待できます。

システム・導入に関する質問も承っておりますので、毎月のシフト作成を見直してみてはいかがでしょうか?

ぜひ、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。