登降園の記録をICT化しませんか?

登降園の記録をICT化すると、時間の記録がスムーズになるだけでなく、延長料金の計算や出欠簿の作成等、データを活用して様々な園業務を改善することができます。

今回は、登降園の記録をICT化するメリットについてご紹介します。

登降園の時間は大忙し

園児が登園・降園する時間帯は園にとって最も忙しい時間帯です。

園児の受け入れ・送り出し時は、保護者と園児の様子について話したり、欠席連絡の電話を受けたりする他、入退室時間の記録も必要です。

登降園の時間管理や欠席連絡をICT化して、朝の忙しさを改善してみませんか?

登降園の時間の記録をICT化

園児数が多いと手書きの記録は負担になる上に、記録ミスの原因にも繋がります。

時間の記録ミスは、延長保育料の計算等に支障をきたす場合がありますが、タブレット等のシステムで記録をすれば、正確に時間の記録を行えます。

また、保護者が時間を意識するようになり、時間に余裕をもってお迎えに来るようになる効果も期待できます。

さらに、遅刻・欠席の連絡もICT化すれば、電話対応や記録の負荷が軽減されるでしょう。

登降園の記録をデータ化!得られるメリットとは?

システムを使って登降園の記録を行うと、登園時間・降園時間がデータとして蓄積されます。

この蓄積されたデータは、様々な作業に活用できるのです。

保育費の計算では、システムで自動計算を行うため一人ずつ計算する手間や計算ミスがなくなります。

その他に延長保育の利用人数の集計が簡単にできる等、自治体への報告書類の作成がスムーズになります。

また、出欠簿が自動生成され、その情報が保育日誌等に連携されるなど、集計の手間がかかりません。

今回は登降園のICT化がもたらすメリットについてご紹介しました。

ICT化すれば記録の手間が削減されるだけでなく、そのデータを活用して様々な業務改善に繋げることができます。

システムの導入で事務作業の負担を減らしませんか?
導入に関する相談も承っております。
ぜひ、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

→ ご相談・お問い合わせはこちら