園のフォーマットに合わせて帳票をカスタマイズ!「なの花保育園」ご利用園インタビュー

「WEL-KIDS(ウェルキッズ)」をご利用いただいている、 なの花保育園様にインタビューをさせていただきました。

なの花保育園では、地域の方に協力していただき、「みんなでつくるみんなの保育園」を目指しています。
日々の保育では、安全で美味しい「食育」、散歩や運動による「身体づくり」、生き物の飼育を通して「命の大切さを伝える」といった点に力を入れています。

Q:ICT化のきっかけと、WEL-KIDSを選んでいただいた決め手を教えてください。

きっかけは、紙のタイムカードで行っていた「延長料金の計算」が大変だったことです。
料金を計算するのも負担でしたし、月極契約をしていない園児がスポットで延長した時の対応にも困っていました。

WEL-KIDSを選んだ決め手は、他システムと比べ、料金設定が一番柔軟だったことです。
ICT化をしたい気持ちは強かったのですが、園の運用は変えたくなかったので、細かく設定ができるWEL-KIDSが合っていると思い、導入を決めました。

Q: 導入してみていかがでしたか?

料金が自動計算になり、請求書がすぐに作成できて本当に助かっています。
保護者によるタッチの記録と、月極延長保育の申し込み等を考慮して計算するため、ミスなく作成できて確認に掛かる時間も大幅に減りました。

また、請求書には1ヵ月の登園降園時間の一覧も載っているため、利用状況と料金の内訳がわかりやすく、保護者の方にもメリットがあると思います。
実際に、月極の申し込みに切り替える方もいらっしゃいました。

その他、職員が登降園時間を手書きで記録する必要がなくなったため、現場の負担も減りました。

Q:その他、実際に利用してみて、便利だと感じるところを教えてください。

東京都サービス推進費の書類作成

導入前はアレルギー表や障害児情報を洗い出したり、延長保育人数を日ごとに記載したりと、相当手間がかかっていました。
WEL-KIDSでは、園児の台帳情報を参照し、日々の記録から延長の集計をしてくれます。
ボタン1つで書類が簡単に作成できて、大変便利です。

勤務表・シフト表の作成

以前は、紙のタイムカードでの手作業だったので、ミスや漏れがあっても気づかず、〆日の直前になって慌てて修正していました。
今は、タブレットでタイムカードを押して、遅刻や押し忘れなど表示される警告を修正するだけで勤務表が出来るので、とても楽になりました。

シフト表に関しても、シフトのルールを設定しておくことで簡単に作成でき、負担が減って助かっています。


WEL-KIDSでは、園様の運用に合わせてExcelのカスタマイズも可能!!

請求書や勤務表などの各種帳票は、園様の運用に合わせたフォーマットでご利用いただけるよう、 カスタマイズが可能です。
なの花保育園様では、以下のカスタマイズをお手伝いしました。

・延長保育料の請求金額一覧のレイアウト変更
・勤務表の合計勤務時間の表記変更( 「 160:30 」の表記を「160.5」にする)


<記者のコメント>

料金設定は、WEL-KIDSの機能の中でも特に自信のあるところであり、「18時以降は30分500円、19時以降は15分300円」など、細かい設定が可能です。
合計利用時間や、予約時間を基に料金計算することもできるので、認可・認可外の保育園はもちろん、幼稚園や学童でもご好評いただいています!

事務作業の負荷が減ったことを実感していただけ、お役に立てて嬉しく思います。
ICT化でできた時間を活かして、保育の質をより高められるよう、今後もご協力させていただきたいと思います。
青木園長、池田先生、ありがとうございました!

ご利用園様インタビュー集を無料でダウンロードいただけます。

インタビュー集をダウンロード