ウェルキッズ導入園インタビュー:BKC保育サービス 後編

前編に引き続き、BKC保育サービスの森河代表にお話しいただいたインタビューをお届けします。
今回はシステム導入当初から今後の活用についてなどICTシステムに関することを中心にお聞きしています。

システムの選び方

――システムを選ぶ際はデモンストレーションなどは受けられましたか?

森河:はい。三社、検討させていただいていました。

ひとつはあまり覚えていません。
もうひとつは帳票類が薄かった印象があります。

WEL-KIDSがよかったのは
「保育予約」があるということですね。

あと帳票類が、自分が思っている
欲しいものを取り出せた。

また、相談させてもらって
「こういう帳票がほしい」というものに合わせて、
コピペができるよう調整いただいたのも
すごく助かりました。

それは事業所内保育所で
監査に必要となる書類だったんですけれども、
以前は全部手書きだったんです。

それはもう、ほんとにすごい作業量でした。
初年度の申請の時は夜中まで一人でやってました。

今はコピペでおわりですもん。
そして正確です。

以前は保育予約も大変でした

――もともとシステムを検討する際に、帳票をどうにかしたいということが明確にあったんですね。

森河:そうです。
帳票がとれるものにしよう、と思っていました。

あとは予約システムが群を抜いていました。

――予約はシステムを導入する前は…紙で運用していたんでしょうか?

森河:いいえ。

電話、メール、紙…と複数の方法にわかれていました。

最終的に事業所内保育の方では一カ月の予定の紙を渡して、
その紙に書いてきてもらうようにしていました。

でも、変更もでてくるじゃないですか。
そこは変更届を出してもらっていました。

変更を受けて、元を直して、日報を直して…
とする必要があって、とても大変でした。

帳票類は連動してかなくちゃいけない

それがWEL-KIDSだと、

「お母さんから何時って変更入ってるね」
「遅刻の連絡きたね」

というのが、電話を取らなくても
保育の現場で確認できる。

朝の電話も大変なんですよ。
インフルエンザがあったりするとなおさら。

それがいつも画面に出しておいて、
更新していけばわかる。

システム導入への期待

―― 導入時に抵抗感はありましたか?

森河:現場は期待の方が大きかったと思いますね。

もともと別の勤怠管理のシステムを使っていましたが、
帳票類はほんとうに煩雑でした。

保育の現場で保育士には、
子どもを見ていてもらいたいと思っています。

でも、なにかあったときに
「ちょうど見ていなかったんですー」
ということもあり得る話なんです。

ご利用園様インタビュー集を無料でダウンロードいただけます。

インタビュー集をダウンロード