ご利用園インタビュー:杜ちゃいるど園

「WEL-KIDS(ウェルキッズ)」をご利用いただいている、杜ちゃいるど園様にインタビューをさせていただきました。

保護者用サイトでは、お休みはもちろん延長保育の夕食希望など様々な連絡もできるので、 朝夕の忙しい時間帯に電話が鳴らなくなって助かっているとご感想をいただきました。

Q :園について教えて下さい。

「子どもの心が動くこと」を大切にしています。

園の外に一歩踏み出すことで、子どもの心が動く瞬間が沢山あると思うんです。森や公園に出かけてたくさんの生き物と触れ合ったり、保護者や地域の方に協力していただいて、

文化体験の機会を積極的に作るようにしています。

そんな体験の中で子どもが感じたことをいつでも表現できるよう、園舎の一室をアトリエとして使っています。大人が一方的に子どもに教えるのではなく、一人一人が自由に感じて、表現することを支えてあげたいですね。

好きなことや楽しみを持つことは、生きるうえで一番大切だと考えているので、子どものうちに様々な体験をして、好きなことを見つけてもらい、大人になっても幸せに暮らして欲しいと願っています

Q:導入理由について教えて下さい。

勤務していた系列園で使い勝手がよかったから

もともと勤務していた法人の系列園では、五年前まで別のシステムを使っていました。カードを使って登降園の時間を記録するのですが、カードを忘れると記録できないので、紙も用意する二重管理状態で負担になっていたんです。

WEL-KIDSならカード不要で画面をタッチすればよいので導入したところ、時間の記録がとてもスムーズになり、記録忘れもほとんどなくなりました。画面に園児の顔写真も表示されるので、送迎がおじいちゃんおばあちゃんでもわかりやすくて助かっています。

登降園のほかにも、保護者との連絡機能や事務機能なども豊富です。特に、横浜市では延長保育の人数などの各種報告を専用のソフトを使って入力しなければならないのですが、入力に必要な数値がわかる点でも、手作業と比べて大分楽になりました。なので、杜ちゃいるど園の開園が決まったときには、最初から導入して使い続けています。

Q:便利な機能や、活用方法を教えてください。

保育園の書式にあわせて印刷できるのが便利です!

画面の情報をそのまま印刷するだけではなく、Excelに出力もできるので、保育園それぞれの書式に変えたり、必要な情報を追記してから印刷できるのがいいですね。

園ではよく、一ヵ月の出欠集計を出力しています。備考を追記して保護者へ請求する金額の二重チェック時の目安にしたり、監査時に必要であればその場ですぐ印刷したりと、便利に使っています。

保護者用のサイトが使いやすい♪

お休みの連絡や夕食の申し込み、園のおたより確認など、保護者との連絡機能が豊富で、朝や夕方の忙しい時間帯に電話が鳴らなくなって助かっています。

保護者としても、「何かあればスマホでここにアクセスすればOK」なので、使いやすいと思います。

他にも個別にPDFを送ったり、新機能も増えているので、もっと活用していきたいですね。

Q:システムを導入しICT化でどのような変化があったか教えて下さい。

紙での管理には戻りたくない!

毎日データが記録され、簡単に集計できるので、監査などの準備が非常に楽になりました。

保護者もスマホに慣れているので、やりとりもスムーズで伝え漏れも減りますし、ICT化は時代にあった効率化だなと感じますね。

Q:システムのサポートについて教えてください。

丁寧な対応で安心。

操作方法が分からないときは、画面を一緒に見ながら操作して説明していただけるので安心です。

また、料金計算が複雑なので対応できるか不安でしたが、サポートセンターの担当の方に料金設定と請求書のレイアウト調整を手伝っていただき、無事に運用できました。


<記者のコメント>

自然や生き物がいっぱいの素敵な保育園でした♪
先生方がより多く子ども達と触れ合い、沢山の思い出を作れるように、WEL-KIDSをご活用いただけて嬉しく思いました。
大竹園長、平井事務、本日はありがとうございました!

ご利用園様インタビュー集を無料でダウンロードいただけます。

インタビュー集をダウンロード